スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DATE : 2011.10.25 Tue

ベアリングメンテナンス&チューン考察


#00 HIDEです。 私はかれこれ 自分の接骨院のブログを6年以上しておりますので、ブログが他所のブログと似ているとかパクっているとか言われているとの噂を聞きましたが、私の方が昔からしているのでそういう言いがかりは軽くイラっといたします。昔から書き方は変わりません。
そしてそのブログからこのBULLのブログに引っ越しましたので接骨院の事はカテゴリのたなか先生の日記をご覧ください。

さて 気を取り直しまして。オっホン!

今回もメンテナンスのレポートです。
11/6にバンク走行会がありますので。チームのエースであるヨシと一応No.2の速さを誇る私の二人のホイールのハブ&BBのベアリングに前回のOIL考察にも登場しました、BOREDさんのOILでチューンナップいたしました。

うちのヨシはバンクイベントで2連勝中なのですが油断はできません、、、私も前回は組んでまもないピストでしたので今回はセッティングを出して、タイムを上げたい!

まずはBBから~
クランクを外すには特別な工具が必要です。これはコッタレス抜き!
tune4_.jpg
#00 HIDE #07 TARO #99チキン のBBは競輪(NJS)規格の為中身はこんな構造↓カップアンドコーンといいます。
tune2.jpg
このベアリングの球と球受けにBOREDのオイルを少量を注し専用の工具で当たりを調整いたします。この当たりの作業は経験が必要ですがハンドメイドサイクルの大将から仕込まれた私にとっては朝飯前!
お次はホイールのハブのベアリング!これは二人ともシールドベアリングタイプでシールで密封されている為、クラフトナイフでシールを外し中に溜まっている粘度の高い元々のグリスをパーツクリーナーを吹き、エアガンで飛ばします。すると中はこんな感じ↓
tune1.jpg
球1つに対して1滴程度で十分でした。シールにも少し塗ってあげたら戻します。
そしてホイールを戻す前に大切な作業。
tune3.jpg
ホイールは使っているうちに振れが出てきますので調整。スポークがゆるくなってる場合もあるので。
大将のホイール組みの2番弟子のヨシが仕上げてくれました。
これでバッチリ!

いつも整備の工具や場所の提供や指導!本当にハンドメイドサイクルの吉浦さんにはお世話になっています。

この場を借りてお礼を申し上げます!



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。