スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DATE : 2011.12.07 Wed

Campagnolo -Pista Track を レストア


レストア職人の異名を持つ #00 ひで です。

本日はポリッシュです。

競輪選手の方のお古のクランクをずーっと眠らせていたのを綺麗に光らせてみました。

そのパーツはCampagnolo -Pista Track 165 (NJS)であります。ロゴが今のモデルと違うOldタイプですね。

傷が深いのでまずはヤスリ掛け!

耐水サンドペーパーの150番からスタート!

水で粉を流しながら シコシコと磨く、、、
poli1.jpg
画像右は磨く前のクランク 左は磨いた後 深い傷が消えました。

次は320番でさらに磨きます
poli2.jpg
面が平らになってきたので光ってきましたね、、でもまだヤスリによる細かい傷があります。
続いて600番→1000番と細かく磨いていきます。ちなみにロゴは削ると消えちゃうのでよけます。
poli3.jpg
ここまで来たら傷はありませんね。
ただツヤがなくなってしまっているので 液体のコンパウンドを付けてウエスで拭きあげると、、、poli4.jpg
使っていたSUGINO75と比べると一目瞭然ですね、、で大変ですが反対側も磨きました、、
poli5.jpg
こっちの方が傷も深く曲面が難しいのでこの程度で断念、、、指が折れ曲がりそう、、、
SUGINO75と入れ替えるのだがカンパのほうが2.5mm短いクランク長なのに、、、見比べると、、、画像を見返しても、、、同じじゃん(笑)まあ 気にしない 気にしない、、、
早速私のバンク走行用のPRESTOに取り付け!
poli6.jpg
裏側も鏡のようにピッカピカ!!よーく見るとちゃんとNJSの刻印入ってるでしょ~これが競輪で使えますっていうマークです。
SUGINOより薄くってエアロな印象ですね 漕ぎ味もデュラに近いかな、、、スギノの167.5mmと2.5mm短いのを心配していたが実際あんまり変わらない(メーカーによって差違あり??)重量は明らかに軽い!!持った瞬間にえ??って思うほど軽い。
カンパはクランクの軸長が違うので SUGINOは109mm カンパは111mm どうかな~っと思っていたが全く問題なし!昔はちがうかったのか??まあNJS(PCD144)のクランクはISOとJISさえ間違わなかったらOKと思います。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。